1. トップページ
  2. ニキビにセラミドクリームが逆効果?理由と製品の選び方

ニキビにセラミドクリームが逆効果?理由と製品の選び方

ニキビ、特に大人ニキビが治らず、原因が乾燥だと知ってセラミドの存在に気づいた人は多いです。

確かに大人ニキビにセラミドを使ったスキンケアはいいです。間違いないです。

しかし、セラミドクリームで逆にニキビが増えた、悪化したという人もいます。私にはセラミドが合わない!と言う人がいますが、それはかなりの確率で勘違いです。

セラミドが悪いのではなく、他の成分でたまたま合わなかっただけが大半です。

大人ニキビならセラミドが正義の味方

なぜニキビにセラミドがいいのか?

セラミドは肌の保湿で最も重要な成分です。これが不足すると肌のターンオーバーが乱れ、毛穴周辺に古い角質が隆起するように溜まります。

そのため、皮脂が毛穴から広がりにくくなり、毛穴に皮脂が過剰に溜まってしまいます。皮脂が大好きなアクネ菌が繁殖しすぎてしまい、脂肪酸を作りすぎて炎症を起こすのがニキビの仕組みです。

角質が溜まってしまう理由は、セラミドによる水分層が少ないとバリア機能が落ちるからです。大人ニキビで悩んでいる人は、同時に敏感肌なのはこのためです。

外からの刺激に対しての防御力が低いのですが、セラミドを自由に増やせないので肌を分厚くしてカバーしようとします。その際、毛穴は穴なので優先的にふさがれしまうのです。

セラミドは悪くない!ニキビ原因は他にある

ニキビにいい、肌にもいいセラミドクリームでなぜニキビが余計に増えるのか?

まずセラミド自体にアレルギー反応が出ることは通常ありません。なのでセラミドが悪者というケースはまず考えなくてもいいでしょう。

しかし……

  • セラミドにもピンきりがある
  • 化粧品化するには他の成分も含有される

この2つがあるため、セラミドコスメでニキビが出たり肌荒れするケースは大いにあります。

ニキビ向けコスメは、ノンコメドジェニックテストという試験が行われていることが目立ちます。要は、ニキビができにくいことが確認されてますよ、という意味です。

でも、こういった試験済みコスメでニキビが悪化して、何も書いていないコスメでニキビが良くなったということも普通にあります。

これは、人によって何が悪いのか分からないからです。

セラミドクリームの場合、セラミド配合濃度が高められる反面、どうしても全体に占める乳化剤(界面活性剤)やその他オイル、はたまた美容効果を狙った植物エキスなど多様な成分が多く含まれがち。

こういったものが刺激になると、肌は角質を分厚くして自分自身を守ろうとします。

BGやグリセリンといったごくごく一般的で当たり前の成分でも、濃度が高いと稀にアレルギー反応を示す人もいます。非常にレアですが。

だから、主に水メインとなるセラミド化粧水より、いろいろ濃度が高めのセラミドクリームのほうがニキビができやすいというリスクはあります。

ニキビができにくいセラミドクリームはある

どんなセラミドクリームならニキビに向いているのか?

セラミドの種類はヒト型セラミドが無難です。ヒト型は本来肌にあるセラミドとほぼ同一構造なので、成分自体が刺激になることはありません。

ただ、製造工程で交じる残留成分が刺激になることもあります。100%というわけではありませんが、ほぼ気にしなくていいです。

疑似セラミドは意見が分かれますが、より自然な立場で考えると劣ります。避けるべきとまで言えませんが、どちらかという状況限定でならあえて選ぶ必要もないと言えるでしょう。

問題は他に含まれる成分の方です。

セラミドクリームのしっかりした濃厚なセラミド量は、それだけで肌の隙間を埋めてバリア機能を高めます。

そこに強力な被膜成分が加わると、肌状態によっては毛穴が詰まってしまいます。

例えばヒアルロン酸やリピジュアです。

これらは水分を大量に抱えて皮膜を作ります。素肌にヒアルロン酸等なら問題なくても、セラミドでもっちりした状態だと毛穴から出る皮脂の行き場がなくなるケースがあります。

すると当然ニキビが発生します。

ヒアルロン酸メインのゲルクリームならニキビができなかった。でも乾燥するからセラミドクリームに変えたのに、まさか余計にニキビができちゃったという場合、セラミドが悪いのではなくて何かしらの皮膜成分が絡んでいるかもしれません。

また、セラミド自体が原材料として割高なため、セラミドクリームという名称なのにやけに安い製品はニキビができやすいと言えるでしょう。それだけセラミドの質(不純物など)が悪かったり、余計な成分がたくさん入っていて刺激になるからです。

当然、あまりオイル分が多い製品は避けたほうがいいです。セラミドが濃厚なら特にオイルをたっぷり肌に与える必要はありません。余計にニキビの元になるだけです。

後は、植物エキスなどの美容成分も多種多様に入っているものは避けたほうがマシ。これも成分品質で刺激になりやすいからです。

以上のことから、なるべくシンプルでヒト型セラミドメインなクリームというのがニキビ向きであると言えますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る