1. トップページ
  2. セラミドの種類と違いってあるの?

セラミドの種類と違いってあるの?

セラミドはまだまだ研究が発展途上段階です。現時点ではっきりしている種類は以下のとおりです。

非ヒト型

人のセラミドとは違う型のため、肌に塗ってもすぐにセラミドとしての効果を発揮しません。

角質内にある酵素により糖が分離され人のセラミドの形として機能します。ワンテンポ遅れる感じで効果を発揮します。

類似型

セラミドに似ている構造、性質

天然植物型

こんにゃく、米、トウモロコシ、ミルクなどから抽出した天然のセラミド

天然動物型

主に馬の脊髄から抽出

ヒト型

人のセラミドと同じ構造のため、角質層に浸透してすぐにセラミドとしての効果を発揮します。

合成型

主に植物セラミドを原料として、人工的に糖を分離させ人のセラミド構造にしたもの。

天然型

主に米、大豆などの発酵物から抽出。

どのセラミドがいいの?どれを選ぶべき?

一般的にヒト型が推奨されます。

しかし非ヒト型でも、馬由来の天然セラミドは良い結果が多く愛用者も多くいます。ただコストがかかるためあまり出回っていません。

品質、即効性、価格などのバランスを考えると、やはりヒト型のセラミドが推奨されます。

また、単純にセラミド配合のものより、セラミドの並びを強化するアシルセラミド配合のものがより優れています。

特に乾燥肌、アトピー肌など肌質が弱い人はセラミドの並びが弱く、セラミドを補っても崩れてしまい維持しにくいデメリットがあります。

アシルセラミドはその脆さを繋いでくれる役割があります。もしセラミドクリームでいまいち?と感じたらアシルセラミド配合のものを選んで見るのもいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る