1. トップページ
  2. 皮膚科でセラミドクリームははぜ処方されない?

皮膚科でセラミドクリームははぜ処方されない?

セラミドクリームはすごい!との評判ですね。実際に私もそれを自分の肌で強く感じています。

セラミド自体肌角質層に多くあり、アレルギーの心配もほぼなく、非常に安心して使えます。また潤いも強く長い優れた保湿成分です。

だから肌トラブル、例えばアトピーや肌荒れ、かぶれ、皮むけなんかで悩んでいる人も多くセラミドクリームを試しています。

しかし、そんなにセラミドがいいならなぜ皮膚科で処方してくれないのか?という疑問がありますよね。私もなんで?と思っていたのですが、結構単純なお話のようです。

薬の成分として認定されていないから

その理由は、単純に薬の成分として認定されていないため、保険適用が効かないから処方されないだけみたいですね。

だから、皮膚科医の先生の中には、処方薬以外に、肌が落ち着いたら再発しないようにセラミドクリームを塗っておくといいですよ、と勧める先生がおられます。

要は自分で買ってね。ということ。

皮膚科医の先生もセラミドクリームの良さを認めているわけで、決してダメだから処方してくれないというわけじゃありません。

似た薬はあるけど…

セラミドと似たもので処方されるお薬があります。

それがヘパリン類似物質配合のクリームです。

肌の角質層には細胞間脂質と天然保湿因子というものがあり、だいたい前者が80%、後者が5%くらい肌全体おける水分維持力があります。

ヘパリン類似物質というのはこの後者の天然保湿因子を増やす作用があります。これは医薬品成分として認められているため、肌の水分量を改善して、アトピーやかぶれ、皮むけといった肌荒れトラブル改善に使われています。

ただ、水分維持力という意味ではセラミドのほうが優れているんですよね。医薬品成分の一歩手前が医薬部外品。この人体を受けているライスパワーエキスNo.11はセラミド増加を助ける作用があります。

理屈で言えばセラミドを増やしてくれるライスパワーエキスNo.11のほうが良さそうなのですが、あくまで「医薬部外品」であって薬ではありません。

ただ皮膚科処方のセラミドクリームという意味では、ライスパワーエキスNo.11の立ち位置が一番それに近いでしょう。実際にかなり肌の弱い人が愛用していることもあり、ロングセラーとなっているクリームもあります。

医薬部外品「ライスパワーエキスNo.11」のクリーム

ライスパワーエキスNo.11のロングセラー
ライスパワーショップ アトピスマイル

皮膚水分保持機能を改善し、肌水分によるバリア機能を高めるライスパワーエキスNo.11主体のクリーム。成分メーカーが成分開発と同時に製品化が進められたのがこれ。アトピー肌の人など肌が弱い人による協力を元に作られてきた経緯があります。

あくまで医薬部外品指定ですが、成分自体の画期的な機能(医薬品でも存在しない)は元々医薬品指定を目指していたものです。ただ医薬品認定は時間と費用が膨大になります。実験で好評だった人たち以外にもこのクリームを届けるために、あえて承認時間が短くて済む医薬部外品指定に切り替えて販売。それが今のロングセラーにつながっています。

その意味では最も医薬品のセラミドクリームに近い存在と言えるのではないでしょうか

セラミド種類・テクスチャー ライスパワーエキスNo.11・非常にあっさり快適
刺激性排除 ガゼイン除去・アレルギー性排除

皮膚科でおなじみのブランドと言えば?

実績抜群
NOVⅢ モイスチュアクリーム

皮膚科のセラミドクリームと言えばNOVⅢというくらい定番です。処方箋をもとにした医薬品扱いではありませんが、保湿ケア用品として提示されることがあります。

ただセラミドを配合して潤いを与えるのではなく、皮脂や角質細胞内のNMFなどバリア機能3つの全てを供給。乾燥して弱くなっている肌に足りない成分をしっかり補えるのが魅力。刺激性もこれまでの実績を考えるととても期待できますよね。

価格 7日間トライアル・1,500円(税別) 送料無料
刺激性排除 この会社の中のブランドでもNOVⅢが一番異物などの除去に力を入れている

500円で試せるシンプルかつアレルギー排除クリーム

もし皮膚科で売るならこんな感じ?
ティモティア 保水バリアクリーム

皮膚科でもしセラミドクリームが売られるなら、たぶんこんな感じの製品になるのでは?という一つの指標となる製品。

セラミドをクリーム化する際にどうしてもセラミド本来の状態が失われます。それだとせっかくのセラミドパワーが発揮されません。ティモティアはその問題を解消し、セラミド本来の力を引き出すラメラ結晶化済み。肌刺激となる精油やたんぱく質成分を除去してアレルギー対策も。

そしてパッケージが簡素で派手な宣伝もなし。わずか500円で試せて、本製品は顔だけなら最大3ヶ月の容量。ちょっと皮膚科が売るならっぽいですよね。

セラミド種類・テクスチャー ヒト型ラメラ結晶化セラミド
刺激性排除 精油やたんぱく質成分排除
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る