1. トップページ
  2. 赤ちゃんにセラミドクリームは使っていい?

赤ちゃんにセラミドクリームは使っていい?

赤ちゃんの肌ってプリプリでツルッとしていて、思わずいつまでもぷにぷに触っていたくなりますよね。

でもその可憐な肌だからこそトラブルが多いのが事実。

  • ミルク
  • ヨダレ
  • 衣服

いろいろな原因で肌が負けてしまって、赤ちゃんの肌真っ赤になってかわいそう…

大人でも肌荒れを起こすと、かゆかったり、痛かったり気分は最悪ですよね。しかも跡が残ったりすることもないでしょうか?

赤ちゃんの肌はプニプニだから荒れやすい

赤ちゃんの肌は非常にプニプニしていて、果たしてこの世のものか?と思えるほど心地よい弾力と触り心地をしています。

ただこれは肌の弱さの裏返し。

赤ちゃんの時期はまだ大人と完全に同じ肌構造になっておらず、ちょっとしたことで刺激が内側に浸透してしまいます。いわゆるバリア機能が完全じゃないんです。

そのため、よだれやミルク、涙などで意外なほど荒れてしまうのです。

赤ちゃんは1歳までは肌が超弱い!!

基本的に赤ちゃんの成長に伴い肌は強くなり、ちょっとのよだれや涙では荒れなくなってきます。だいたい生後6ヶ月までは非常に弱く、それを超えると徐々に大人のバリア機能を備えていきます。

しかし、肌が未成熟な時期に一度慢性的な乾燥を起こすと、まるでアトピー肌のようにしつこく荒れ続けることがあります。自己回復しようにも肌が成長途上で対応できないからです。

なので乾燥によるトラブルが続く場合は何かしらの保湿ケアをしたほうがいいでしょう。

乳幼児時代に乾燥するとアトピーになるかもしれない研究結果あり

アトピーは幼少期から発症する厄介なトラブル。このアトピーを完全に予防、治療する方法はいまだに見つかっていませんが、幼少期、特に赤ちゃんの時期の肌状態がアトピー発症に関係しているのでは?という研究があります。

後にアトピー肌になってしまった子どもが、赤ちゃんの時期に乾燥トラブルが多かったかどうか?という調査があります。これによると、赤ちゃん時期に乾燥トラブルを抱えていた子どもほど、アトピーを発症しやすかったということが分かりました。

はっきりとした因果関係は不明なものの、赤ちゃんの時期の乾燥トラブルはできるだけ避けたほうがいいことは想像できますよね。

赤ちゃんの肌をベッタベタに覆ってしまうのもダメ

乳幼児時代の乾燥はよくありません。でも保湿剤でベッタベタに覆ってしまうのもよくありません。毛穴を塞いだり、肌常在菌のバランスを壊してしまい、赤ちゃん自信の肌成長を邪魔するかもしれません。

適度な保湿ケアを前提に、やはり塗るものはできるだけ自然なものがベスト。

特に赤ちゃんの手が届く部分や口周りなどは注意。スクワランや馬油など自然由来で万が一口に入っても大丈夫なクリームが望まれます。

セラミドクリームの場合は、セラミド自体に害はないものの、製品化する際に含まれる他の成分がどう影響するか分かりません。なので口の周りや手が届く範囲以外の部位に使うと効果的ですね。

心配なアレルギー原因は基本たんぱく質

赤ちゃんに使う製品で不安になるのがアレルギー。アレルギーとは基本的にたんぱく質が原因なのを知っていますか?

たんぱく質と言っても肉や魚でとれるたんぱく質という総称ではなく、たんぱく質系の成分。例えば甲殻類アレルギーの人がいますが、エビやカニの場合は「トロポミオシン」というたんぱく質(イカやタコにも含有)が原因なんです。

卵アレルギーは卵白に含まれる「オボアルブミン」「オボムコイド」など。でも魚には入っていないたんぱく質です。

このように人はたんぱく質でアレルギーを起こします。化粧品の場合は成分を精製しているため、食品よりアレルギーリスクは遥かに低く、通常は心配ないものとされています(ただしちゃんとした製品に限りますが)。

安全性に特に配慮されたセラミドクリーム

口の周りや手が届く場所以外での使用がおすすめ。

お米から生まれた医薬部外品
ライスパワーショップ アトピスマイル

赤ちゃんの肌にはできるだけ自然なものを塗りたいですよね。でも100%天然素材の保湿クリームというのは現実的になく、それにこだわるとむしろ品質が劣化して刺激になります。

アトピスマイルはお米から作られるライスパワーエキスNo.11主体のクリーム。皮膚水分保持機能を改善する日本で唯一の成分で、その成分開発メーカーがアトピー肌の人の協力を得るなどして誕生したのがアトピスマイルクリームです。

刺激性に非常に配慮されているだけでなく、ベタつきがなく、肌内側に浸透して作用するため動きが激しい赤ちゃんにもしっかり作用。バリア機能がまだ十分でない赤ちゃんの肌の味方です。

セラミド種類・テクスチャー ライスパワーエキスNo.11・非常にあっさり快適
刺激性排除 ガゼイン除去・アレルギー性排除

乳幼児に刺激となる成分を排除
ティモティア 保水バリアクリーム

乳幼児の肌には刺激となる精油(大人でも刺激リスクあり)、たんぱく質成分を除去。防腐剤にも工夫し乳幼児でもお使いくださいとメーカーがQ&Aで回答しています。

内容はシンプルでコストを抑えていますが、セラミドは質にこだわっており、不純物がより少ないサンホワイト(白色ワセリンの高級バージョン)を使うなど内容場バッチリ。

何より500円で試せるのが他のセラミドクリームとの大きな違いです。

セラミド種類・テクスチャー ヒト型ラメラ結晶化セラミド
刺激性排除 精油やたんぱく質成分排除
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る