1. トップページ
  2. 赤ちゃんにセラミドクリームは使っていい?

赤ちゃんにセラミドクリームは使っていい?

赤ちゃんの肌ってプリプリでツルッとしていて、思わずいつまでもぷにぷに触っていたくなりますよね。

でもその可憐な肌だからこそトラブルが多いのが事実。

  • ミルク
  • ヨダレ
  • 衣服

いろいろな原因で肌が負けてしまって、赤ちゃんの肌真っ赤になってかわいそう…

大人でも肌荒れを起こすと、かゆかったり、痛かったり気分は最悪ですよね。しかも跡が残ったりすることもないでしょうか?

こんな厄介な赤ちゃんの肌荒れケアに、セラミドクリームを活用する人が増えてきました。製薬会社の小林製薬もセラミドを採用しているくらいですから。

赤ちゃんにもセラミドがいい!

赤ちゃんの肌が弱くて親としても心配。何か塗ってあげたいけど、赤ちゃんだけに適当に塗るわけにもいかない。お医者さんに診てもらったら放っておいてもいい、もしくはステロイド配合の塗り薬を処方されて余計に心配に…

でも何とかしてあげたい!

というお父さん、お母さんにセラミドクリームが活躍しています。

赤ちゃんに限らず、人の肌は細胞間脂質というセラミドと脂肪酸を中心にした水分の層が肌を守っています。この水の層が壊れると刺激に弱くなり、汗やヨダレなんて自分が出した液体にさえ負けてしまいます。特に赤ちゃんの肌構造はまだ未熟。大人よりさらに敏感に反応してしまいます。

セラミドは細胞間脂質の中心。多くの水分を蓄えるだけでなく、元々肌にある成分なので赤ちゃんの肌にも安心。しかもその力は大人の肌でもお墨付き。赤ちゃんの肌も当然同じ構造なので大満足です。

ただし注意!赤ちゃんのためのセラミドクリームの選び方

ではセラミドクリームならどんなものでも赤ちゃんに使ってO.K.か?というと危険ですね。

まず、セラミドクリームといってもいろいろ。化粧品タイプのものと、薬に近いようなあまり成分が含まれていないものに分かれます。

化粧品タイプでも別に問題ないのですが、あまりこのタイプを年齢が若い内に使うのはよくありません。含まれる界面活性剤によって肌がさらに弱くなってしまいます。大人の肌では有効成分を届けるのに役立ちますが、まだエイジングケアとかする年齢じゃない赤ちゃんにはやり過ぎです。

また、セラミドを直接肌に補うのもどうかと思います。

これから長年生きていくところ、こんな年齢から外部の保湿に頼っていると、肌の持っている自己治癒力が低下してしまうからです。

なので、セラミドを直接補うのではなく、ライスパワーエキスNo.11のようにセラミドが増えるのを助けてあげる成分がいいでしょう。これなら自己治癒力を邪魔することなく、自然に肌の保水力を引き上げることができます。

肌の水分維持力が上がれば肌は刺激に強くなり、笑顔の時間がきっと増えるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る