ちょっと得するセラミドクリームの選び方

  • セラミドが良いって聞いたけどなぜ?
  • 化粧水じゃなくてクリームがいいの?
  • どんなセラミドクリームを買うべき?

昔と違って保湿クリームにセラミド配合のものが増えてきました。でも全体では少数派。でも肌のことを考えるとセラミドになっちゃいます。

でもでも、「セラミド」というキーワードが入っていたらO.K.!とも限りません。あなたにとって、本当に自然に使い続けたくなるセラミドクリームってこんなんですよ!というのが分かってもらえればと思います。

なんでセラミド?ヒアルロン酸やコラーゲンよりいいの?

保湿クリームというとヒアルロン酸やコラーゲンがド定番!セラミドはそれを上回るのでしょうか?

これは使ってみれば一目瞭然です。個人の乾燥になりますが、やはりセラミドのほうが潤いが続きます

そしてべたつかない。

1.セラミドは肌の内側でとどまる

ヒアルロン酸やコラーゲンは基本的に肌表面でとどまり、水分を抱えて潤いを維持します。

それに対してセラミドは角質層の中でとどまります。

なので外部の乾いた空気や、手や服などの刺激に影響されることが少なく、より長く潤いを維持してくれます。

2.足りない場所に補える

乾燥肌というのは、基本的に角質層のセラミド不足です。

そして化粧品による保湿成分は、角質層にまでしか浸透しないとされています。

ヒアルロン酸やコラーゲンはナノ化することで角質層に浸透はしますが、角質層に存在して活躍する成分ではありません。もっと奥の真皮層で性能を発揮する成分です。

つまり、セラミドというのは、足りない場所に補えるということ。これは乾燥原因に直撃!そしてセラミドが元々ある場所に浸透するので、肌馴染みやすく安定がいいとも言えますよね。

3.湿度0%でも保水する性能

ヒアルロン酸やコラーゲンは確かに保湿力があります。ただそれは、いかに多くの水分を含んで維持できるか?という性能です。

ヒアルロン酸とコラーゲンは真皮層という奥深くにある成分です。つまり乾いた空気にさらされることがなく、普段から守られている成分です。

それに対してセラミドは角質層内部にありますが、常に外気と接触している状態です。そのため、普段から外気に影響されない性能があります。湿度0%の状態でもセラミドは水分を極端に離さない性能があります。この性能があるから、肌表面で水分を長くしっかりと維持できるのです。

でもヒアルロン酸とコラーゲンは本来肌奥で活躍する成分のため、セラミドほど外気に左右されない性能はありません。時間経過で保水性がどんどん減少します。特に肌に馴染ませた場合、薄い被膜となります。塊なら水分をもっと長時間維持できるでしょうが、被膜レベルだといまいち弱そうなのが想像できますよね。

私は化粧水のほうが好み!どうしてもクリームなの?

結論は断然クリームです!セラミドの良さを最大限肌に届けるには、やっぱりクリームですね。

1.セラミドは油分性あり!だから化粧水じゃダメ

セラミドは細胞間脂質として存在します。コレステロールや遊離脂肪酸も細胞間脂質。つまり「脂質」なんです。セラミド同士が水分を挟み込んで油分でサンドイッチするから水分保持力がすごいんです。

脂質ということは、当然水と油で化粧水にはあまり溶けません。一応水分に馴染むセラミドもありますが一般的ではありません。

化粧水、美容液、乳液、クリームとありますが、単純に一番コッテリしているクリームの油分割合がNo.1です。油分が多いほどセラミドを多く溶かせるため、セラミド配合量が増えるというわけです。

ただこれも絶対ではなく、ブランドによってはゲルジェリーのほうが多く含めるとしているところもあります。でもまあ、一般的にはクリームタイプが圧倒的に有利なので、セラミドはクリームなんです。

2.化粧水の水分は…実はほとんど意味がない!

化粧水はみなさん大好きですよね。でも化粧水をこれほど使う人って日本だけらしいですよ。海外では拭き取り化粧水はあるものの、日本女性が使うような化粧水はあまりないんだとか。あまり売ってないから海外で購入する際はお店を巡るらしいです。

でも化粧水を使わないと肌が潤わないよ~と思うでしょ?

しかし化粧水の水分というのは肌にとってほとんど意味がないとされています。

なぜか?

それは肌に安定してそんざいする水と、化粧水の水では構造が違うからというのがあります。例えばお風呂でふやけるほど入浴しても、その水分ってほとんど後で蒸発しますよね。むしろ逆に乾燥してしまうくらい。

結局、体の内側から染み出してくる水分を受け止めるセラミドがあるかないか?が重要であって、外から補う水分は使用者本人の満足感に過ぎないといわけ。

でもセラミドクリームなら水分を受け止める場所を増やすことができ、結果的に化粧水を使った直後と同じ状態を作れるわけなんですね。

どんなセラミドクリームなら幸せになれるのか?

セラミドクリームの優劣は以下のとおり。

  • 配合量・濃度
  • 浸透性
  • セラミド種類

セラミド種類は、セラミド主体を売りにしているブランドならだいたい条件を満たしており、あまり差はないでしょう。

配合量・濃度と浸透性はどちらも揃うとなお良しですね。

1.配合量・濃度は使ってみなけりゃ分からない

化粧品に含まれる成分量というのは、成分表の書いてある順番である程度分かります。なるべく前の方に書いてあると配合量が多いのですが、それでも他の成分量によって、実質濃度は変ってしまうので参考程度です。

やはり使ってみないと分からないところがありますね。こればっかりは。

2.浸透性は持続力やベタつきで判断できる…かも

角質層にセラミドがどれだけ浸透しているのか?というのはなかなか自分では分かりません。

製品によって肌表面に残っていない感じがあるのに、肌内側が柔らかくなるような潤いを感じるものがあります。これは浸透性が高いのでは?と想像できます。

でも、セラミドとヒアルロン酸、コラーゲンなどと組み合わせた製品は、肌表面にヒアルロン酸等が残ってそれが質感として分かります。なのでセラミドがどうなったのかいまいち実感しにくいんですよね。

あとはメーカーの技術力がどうか?といった点。

単純にセラミドを配合しましたよ~というクリームより、ナノ化だったり、ラメラ結晶化など肌に入りやすく、かつ馴染みやすい工夫がされているか?その企業のセラミドクリーム以外の実績はどうか?といった点も判断基準でしょう。

3.ヒト型セラミドが鉄板…だけど?

  • ヒト型(天然型)(人の肌構造に近いタイプ)
  • 天然セラミド(馬由来など人とは違う構造だけど肌で人のセラミドに変化する)
  • セラミド類似物質(セラミドじゃないけどセラミドとそっくり)

セラミドは主にこの3タイプ。

この中でヒト型が鉄板とされており、実際に採用数も一番多いようです。

他のタイプがダメってわけじゃなくて、効率面で言うと一番なんです。天然セラミドの場合、肌内にある酵素で分解されてヒトの肌に合うセラミドに変化するのですが、この酵素変換は人によって差があるからです。

またセラミド類似物質も以前はダメだとされていましたが、花王のキュレルなどを中心にヒト型セラミドに近いとされるものもでてきています。

ただ基本的にはヒト型がベストといえるでしょう。

4.完全に100%ヒト型セラミドを作るのがライスパワーエキスNo.11

セラミド自体を配合しないものの、肌内部でセラミド生産を助け、皮膚水分保持機能を改善するのがライスパワーエキスNo.11です。

この成分は医薬部外品としての機能が認められており別格。人工的に精製されたセラミドではなく、自分の肌のセラミドなのがポイント。このクリームはベタつきもなくて非常に使いやすいのも特徴。

ベタつかなさ+機能性で選ぶならこれ

  • クリームのベタつきが苦手
  • 皮脂が多いオイリー肌
  • 乾燥しているけどオイリーなインナードライ肌
  • 体、かかとなど衣類を身につける部分の乾燥

皮膚水分保持機能を改善
ライスパワーショップ アトピスマイル

肌内部から皮膚水分保持機能を改善して肌水分量を高めるセラミドを含まないセラミドクリーム。脂質性のあるセラミドを含まず、あっさりした油分を配合しており非常にしっとりしているのに、塗ってすぐティッシュにくっつかないほど

それでいて改善作用があるため、時間経過でしっとり感があとからじわじわと継続。肌表面に何も乗っかっていない感じなので、乾燥による不快感や不安感がないですね。

元々アトピー肌の人の強力で開発された成分なので、肌が弱い人にも。成分内容もライスパワーエキスNo.11を活かしたシンプルな構成。性別年齢肌状態などを問わず、誰でも試せる機能的なセラミドクリームです。

セラミド種類・テクスチャー ライスパワーエキスNo.11・非常にあっさり快適
刺激性排除 ガゼイン除去・アレルギー性排除

基礎化粧品ごと変えるなら
ライスパワーショップ RAIZ Repair

ライスパワーエキスNo.11の元祖であるアトピスマイルは、特に肌が弱い人向けのクリーム。それに対してRIAZシリーズは、ライスパワーエキスNo.11の優しさを維持しつつ、もっと肌を綺麗に、透明感とキメの細かさを求める人向けに作られたライン。イメージとしてはSK-IIのような基礎化粧品です。

RAIZ Repairの良さは、ただ潤いを与えるのではなく、内側からターンオーバーを整え皮膚水分保持機能を改善。そのなかでキメの細かさや毛穴問題も抱えて作用してくれます。

使いやすさはアトピスマイルとほとんど同じ。濃厚なのにべたつかずあっさり。でもしっとり。そして自然なツヤが出ます。30代からライスパワーエキスNo.11でケアしていくと、素肌で過ごせる時間が増えるはずです。

セラミド種類・テクスチャー ライスパワーエキスNo.11・非常にあっさり快適
刺激性排除 無香料・無着色

濃厚なセラミド量と美容成分重視なら

  • セラミド濃度・配合量が高いほうがいい
  • しっかりとした潤いをすぐに感じたい
  • 濃厚だけどべたつかないのがいい
  • 保湿以外の美容成分も十分に必要

従来比55倍のセラミド成分量
TRINITYLINE ジェルクリームプレミアム

大正製薬のグループブランド。製薬会社が中心に選んだのがヒト型セラミド+セラミド類似物質。そしてこれらを補助して潤いを高める様々な成分と美容成分が特徴ですね。

水を一滴も使わずにほぼ美容成分という内容に加え、同社比でセラミド系成分を55倍に増加。前の濃度がどれくらい低かったかによりますが、55倍というとさすがに濃いであろうことが想像できますよね。

製薬会社系ブランドのせいか、純粋な化粧品ブランドよりお値段は安め。濃厚ですがジェル系なのでベタつきはなく使いやすいですよ。水を使っていないからジェル独特のベチャッと感もありません。

価格 初回1,900円 送料無料 何でも自由なので始めやすい
刺激性排除 乾燥性敏感肌の人でパッチテスト済み

敏感肌だけど基礎化粧品でしっかりケアしたいなら

  • クリーム以外のセラミド化粧水や美容液も使いたい
  • 敏感肌で化粧品が合わないことが多い
  • ただセラミドを補うだけじゃ満足できない
  • 肌悩みが乾燥以外にいろいろある

何でもできる敏感肌専門ブランド
DECENCIA アヤナス

敏感肌専門ブランドながら美容成分、美容機能にぬかりがないのがアヤナス。他ブランドが打ち出す美容面に関してはほとんどカバー。その秘密はPOLAの子会社だからで、POLAの最先端美容技術がそのまま下りてきているのが理由。

でもDECENCIAはPOLAに劣るブランドではなく、ある点ではPOLAを遥かに上回ります。それが敏感肌を守り潤す特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」です。ワセリンのように肌を刺激から守り、セラミドによる作られる潤いを逃がさない。でもべたつかない。

バリア機能が弱った敏感肌を最大限潤し、美容成分も最大限引き出すセラミドクリームと化粧水、美容液。コラーゲン生成や糖化対策なども対応し、ハリとツヤを深く与えるただの敏感肌向けではないコスメです。

価格 10日間トライアル1,480円 送料無料

みずみずしいゲルタイプが好みなら

  • クリームの油分が苦手
  • できるだけさっぱりした使い心地が好み
  • ダマにならないのが好み
  • ゲルだけど水っぽくなくてベチャつかない

浸透技術と美容成分で群を抜く
富士フィルム アスタリフト

クリームではなくてジェリータイプ。肌に乗せると美容席のように馴染み、ゲルっぽさがなくて非常に軽く仕上がります。

セラミドは3種類。コラーゲンも3種類で非常に潤いが続く仕様。ブランドとしては洗顔後の導入美容液としての使用が勧められていますが、これ単体でもクリーム以上のしっかりした潤いがあります。

富士フイルムだけの浸透技術が可能にしたアスタキサンチンやリコピンの安定配合。ビタミンCやビタミンEを遥かにしのぐスーパー美容成分がセラミドと一緒に知らぬ間に入っていきます。

価格 5日間トライアル1,000円 送料無料

簡単お手軽なオールインワンタイプなら

  • 子育てや家事で時間がない
  • 伸ばすだけでO.K.だけどしっかり潤う
  • ダマにならずべたつかない
  • 妥協はしたくない

定番セラミドオールインワン
メディプラスオーダー メディプラスゲル

セラミドオールインワンとしてはド定番中のド定番。ロングセラー商品です。クリームではなくてゲルタイプですが、一昔前にあったダマが解決されており、軽いクリーム感覚で使うことができます。

オールインワンの弱点である潤い持続は3種類のセラミドにアミノ酸、ヒアルロン酸等でカバー。セラミドが持つ保水力を最大限に発揮してくれます。ビタミンCやプラセンタなど基本的な美容成分もしっかり。

セラミドの良さを肌に取り入れたいけど基礎化粧品は面倒。でも妥協はしたくないという人に最適なセラミドオールインワンです。いろいろオールインワンは発売されていますが、ずっと安定して売れているのがこれです。

価格 初回約3,000円(2ヶ月分) 送料無料 2回目以降でも1ヶ月あたり2,000円なのでかなりコスパ良し

セラミドを含まないライスパワーエキスNo.11のほうがいいの?

ライスパワーエキスNo.11はセラミドではありません。セラミドを増やす、つまり皮膚水分保持機能を改善する作用を持つ成分です。

セラミドクリームは肌にセラミドを与えて保水力を増します。ただ、どうしても肌の外からでは限界があります。でも内側からのセラミド増量は限界がありません。より潤いを蓄える力を増やすことができるのがライスパワーエキスNo.11の良さ

そして皮膚水分保持機能を改善する過程でターンオーバーが整います。肌のキメや毛穴などに大きく関わるターンオーバー。セラミドを肌に補うだけでもこのターンオーバーに一役買ってくれますが、やはり内側からの促進に分がありますね。

とにかく強めの潤いが欲しい。今までかなり保湿クリームを多めに塗っていた人は、はっきりした潤い感に慣れていてライスパワーエキスNo.11のセラミドクリームだと物足りなさを感じると思います。そんな人はセラミド配合のクリームを。

皮脂が多かったり、キメが荒れている、肌が弱い、肌荒れを繰り返しているなど乾燥以外の肌トラブルが多い人はライスパワーエキスNo.11のセラミドクリームが使いやすいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る